支払い方法

クレジットカードってそもそも何?

クレジットカードを使う人がとても増えてきています。
今や大人ならはクレジットカードを持っていない人はいないでしょう。
クレジットカードは大変便利です。
たとえお財布の中に現金が入っていなかったとしても、商品を購入することができます。

また、あらゆるサービスを受けることができます。
お金の代わりとして使うことのできる、1枚のカード、それがクレジットカードなのです。

クレジットカードは、お金の代わりとして使うことができて後払いで商品を購入できるサービスを受けることができるカードです。
後からもちろんお金を払うことになりますが、沢山現金が必要だったり持ち合わせがないようなとき、とても役立てることができます。

クレジットカードは際限なく使えるわけではありません。
際限なく使えると、返済できなくなってしまいますよね。
後払いが前提なのですが、利用額は決まっています。

クレジットカード会社やその人によって利用額は違います。
利用可能額の高いクレジットカードもありますし、利用可能額が安いクレジットカードもあります。
利用状況できちんと返済できていれば限度額が上がることもありますし、逆に返済が滞ったりしているような場合は限度額が下がったり使えなくなることもあります。
自分の使っているクレジットカードの利用可能枠がどれくらいなのか、それを把握しながらカードを使っていかなければなりません。

クレジットカードは、その1枚が永遠に使えるわけではありません。
有効期限が決められていて、数年間で終わるようになっています。
期限が終わってしまうと、そのクレジットカードは使えなくなってしまいます。

同じクレジットカードを使う場合は、新しく更新されたカードをもらう必要があります。
クレジットカードを普通に使っていたならば、継続して新しく更新されたクレジットカードを使うことができますが、支払いに問題があるような場合は次のクレジットカードが更新されないでもらえないような可能性もあるので注意が必要です。

Copyright(C) 2013 高い買い物をしたいと考えた時に All Rights Reserved.