支払い方法

クレジットカードの歴史

今やクレジットカードを使うのは当たり前になっていますよね。
ほとんどの人がクレジットカードを持っていますし、クレジットカードで買い物したりあらゆるサービスを受けたりしています。
クレジットカードがないと、今までクレジットカードの支払いをきちんとできていない人なのかもしれないという疑問が出てきます。
つまりクレジットカードがあると、それだけで信用にも繋がるのではないでしょうか。

今では当たり前のクレジットカードですが、どれくらい昔からクレジットカードが使われるようになってきたのでしょうか。

クレジットカードは、1920年代頃のアメリカから発祥したのではないかと言われています。
石油会社がガソリンを購入するカードを作ったのですが、それがクレジットカードの始まりだと言われているのです。
確かに、後払いでカードを使うことができるのですから、クレジットカードと同じ定義ですよね。
それが始まりで、クレジットカードが世の中に広まっていったのです。

今のクレジットカードは一つの商品に対してだけ使えるのではなく、あらゆるお店であらゆる目的で使えるものが多いですよね。
商品を購入する時にも使うことができますし、レストランで支払いする時にもエステサロンの支払いをする時に使うことができます。
あらゆる目的を持っているクレジットカードは、1950年頃その歴史が始まったと考えられています。

日本では、1960年頃からクレジットカードが使われるようになりました。
一般的にクレジットカードが使われるようになったのはそれから8年後の、1968年頃だと考えられています。
銀行がクレジットカードを作るようになり、それから多くの人が使うようになったのです。

今や当たり前のクレジットカードですが、そんなクレジットカードにも歴史があり、少しずつ始まって広がってきたのです。
クレジットカードの歴史をしっていると、豆知識として周りにも話してあげることができますよね。
誰もが使っているクレジットカードなのですから、皆にとって興味のある内容です。

Copyright(C) 2013 高い買い物をしたいと考えた時に All Rights Reserved.