支払い方法

クレジットカードの桁数と、その意味

クレジットカードを見てみると、真ん中の部分にカードの番号が刻印されていますよね。
この番号は、いったい何なのでしょうか。

この番号は、大変特別な数字になります。
というのも、世界に一つだけの、あなただけの筋ということです。

クレジットカードのこの番号は、他人に簡単に教えてはいけません。
使用している人でも、教えるべきではない数字なのです。
この数字と、有効期限と名前が分かっていればクレジットカードを誰でも簡単に使うことができて、不正利用されてしまいます。

どれだけ信用している人でも、超えてはいけない一線があるとすれば、クレジットカードの番号ではないでしょうか。
それくらい大切な番号だと言うことを理解しながら、クレジットカードを使っていかなければなりません。

クレジットカードでとても大切だと考えられているカード番号ですが、16桁あるのが通常です。
クレジットカードのブランドによって桁数が違うこともありますが、大体がこの桁数に設定されています。
16桁もあるのだから、適当に数字が並んでいるのだと思う人もいるかもしれませんが、そういうわけではありません。
これらの数字にはしっかりと情報が詰まっていて、意味があるのです。

クレジットカードの数字の左から1桁目は国際ブランドの番号で、この番号があるからブランドを識別することができるようになっています。
2桁目から6桁目は、クレジットカード会社の識別ができる番号になっています。
7桁目から15桁目は、カードそのものの識別番号です。
16桁目から15桁目はクレジットカードの番号が正しいかどうか確認するための番号です。

ただの数字が並んでいるだけに見えるクレジットカードの番号ですが、このように情報がたっぷりと入っているのです。
それを知ると知らないとでは、セキュリティー上でも精神的に大きな違いがあるのではないでしょうか。
数字の意味を詳しく知ると、他人に簡単に教えてはいけないと言うことがよくよくわかるはずです。

Copyright(C) 2013 高い買い物をしたいと考えた時に All Rights Reserved.