支払い方法

クレジットカードのIC化ってどういうこと?

クレジットカードにはICチップのついているものがあります。
どうしてクレジットカードに、ICチップがついているのでしょうか。

ICチェックのついているクレジットカードはセキュリティー面で安全だといえるでしょう。
クレジットカードは、情報を読み取る為にカードの裏側に黒いテープがついているような部分があります。
これが磁気ストライプで、情報を読み取る場所です。

最近横行しているスキミングでは、通りすがりでもこの磁気ストライプから情報を読み取ることができて、クレジットカード情報を盗まれてしまいます。
盗難されたりするのではなく、道を歩いているだけで情報を盗まれてしまうことがあるのですから、自分でも気づかないまま犯罪の被害者になっていることがあるのです。

しかし最近、スキミングは減少の傾向にあると言われています。
クレジットカードにICチップがつくようになったからです。
クレジットカードがIC化することにより、簡単にスキミングできなくなりました。
ICチップがついていると、磁器ストライプのガードが出来て情報を盗まれるようなことがないのです。

日本よりもヨーロッパなどでは、もっと早くからICチップ付きのクレジットカードが普及して犯罪が激減したと言うことです。
クレジットカードには、他人に知られてはいけない情報も沢山詰めこまれているのですから、クレジットカードのICチップ化はもっと普及していくべきことなのです。

クレジットカードがあればお得に買い物できるのはもちろん、社会的な信用性を証明することにもなります。
というのもクレジットカードは、信用で買い物しているようなものだからです。

クレジットカード会社が先にお金を支払ってくれているシステムなので、支払い能力があると認められた人しかクレジットカードを作ることはできません。
銀行系のクレジットカードになると審査が厳しいので、余計に信用性が高いということになります。
審査が厳しいとつくれない場合も多いです。

Copyright(C) 2013 高い買い物をしたいと考えた時に All Rights Reserved.