支払い方法

クレジットカードとデビットカードの違い

日本では、クレジットカードを使う人も多いですが日常的な買い物の中では現金を使うことも多いですよね。
ちょっとの買い物ならばクレジットカードではなく、現金を使う方が当たり前になっています。
クレジットカード先進国と言われているアメリカでは、どのような買い物でも現金ではなくクレジットカードが使われることが多いです。
現金で買い物は、少し珍しいくらいになっているようです。

最近はクレジットカードだけではなく、デビッドカードも人気が高まってきています。
クレジットカードとデビットカードはどのように違うのでしょうか。

多くの人はこれらを使い分けて、クレジットカードもデビットカードもどちらも持っていることが多いです。
クレジットカードとデビットカードはどのように違うのでしょうか。

どちらも見た目はそっくりなので、ちょっと見ただけではクレジットカードなのかデビットカードなのか見分けることができないくらいです。
クレジットカードもデビットカードもカード利用可能な店ならばどこでも使うことができますし、それならばどちらも同じではないかと思う人もいるかもしれませんが、決済方法が違うのです。

またデビットカードは銀行口座を開設している人にだけ発行される仕組みになっています。
銀行口座を開設していない人は、デビットカードを作ることができないのです。
デビットカードは銀行口座と直結していて、銀行口座からお金が引き落とされる仕組みになっているのです。

口座残高が少なくなってきて引き落としができないような場合は、デビットカードで支払いができなくなってしまいます。
クレジットカードならば利用限度額までは好きなように使うことができるので、それが二つのカードの違いではないでしょうか。

その他、クレジットカードを利用する時はサインを書くかクレジットカードの暗証番号を入力することになりますよね。
デビットカードの場合は預金支払の暗証番号を入力することになります。

Copyright(C) 2013 高い買い物をしたいと考えた時に All Rights Reserved.